スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ F103 15Thアニバーサリー

今日はマイカーを紹介します。タミヤF103 15Thアニバーサリーです。
購入は2008年12月11日。

f103 01
ご存知タミヤF103の、最終モデルです。
ESCとモーターとの配線が美しくないのはご勘弁を。初心者のやり方ですね、これは。

f103 02
モーターはまさかのブラシレスモーター6.5T!!。キーエンスのルキシオン。
シャフトがスチールなのが見えますね。
15Thアニバーサリー標準はカーボンシャフトですが変えてあります。

性能云々というのもありますが、実のところはカーボンシャフトでは左ハブをとめるイモねじでDカット面がでこぼこになり、左ハブの取り付けの微調整が出来なくなるからです。

f103 03
ESCは同じくキーエンスのタキオン。
15Thアニバーサリーはアッパーデッキがサーボマウントにまで伸びているので、メカ積みには大変苦労させられます。
ファン付きESCは多分載りませんね。
この伸びたアッパーデッキが剛性強くし過ぎているとの観点から、バッサリとカットする人もいるようです。
もちろん私にはそんな工作力はありません。

私はこのF103を基本的にCカーボディで走らせます。

f103 04
F103Cカーボディの定番中の定番、ABCホビーのレスポンスGT1です。
私もこのボディをメインに使っています。
空力がいいのか、ボディバランスがいいのか大変よくグリップしてくれて、走らせるのがラク。


f103 05
次に、プロトフォームのボディ。正式名称は忘れましたが、確か、ミュルサンヌLMPです。
絶版モデルで今は入手出来ません。
レスポンスGT1よりはドライビングがシビアで、気を使わせられますが、十分良く走ります。


f103 06
そしてブレード製、TWR ・XJR14 シルクカットジャガーです。
大変美しいボディですが、上記2台のボディと違って、走りはもっさりしています。
ボディ自体、作りがこんでいるせいもあり、やや重く、また大きさもやや大きい為と思われます。
走らせるよりは見て楽しむボディといったところでしょうか。


f103 07
一応F1ボディもあります。
一回しか走行していません。
その一回でCカーとは全く違い、ドライビングがかなり難しく自分にはムリと諦めました。
クリンクリンに巻いてしまうのです??。


タイヤは後輪がZACプロジェクトの硬度25又は30、前輪はZACプロジェクトの硬度38又は、カワダの硬度45。グリップ剤はマイティーを後輪にだけ使います。

モーターがとんでもなく速いモーターなので、普通にフルスロットルはムリなので、プロポで絞っています。
EPAのスロットル85%、かつ、スロットルエキスポネンシャルマイナス70%に最近はしてあります。

それでも速い。ドライビングにはかなり緊張が伴います。
フルスロットルは直線の一瞬だけです。直進性が狂っていてはとても走らせられません。

コーナリングは弱アンダーです。もうちょっとニュートラルにしたいのですがセッチングが、私にはわかりません。


え?F104?買いませんよ。F103は当分現役です。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トミカ

Author:トミカ
ラジコン万年中級者。
ぼちぼちとお付き合い下さい。
愛知県在住。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。